こんにちは!
車いすカウンセラー、前田真規です。

私は自称 泣き虫です。
子供の頃は、みんなと同じようにできないことが悔しくてよく泣いていました。

 

今は、自分自身のことで辛かったり悲しかったり悔しかったりしても、それで泣くことは少なく、

 

それよりも、嬉し泣きやもらい泣きのほうが多いかな。あと感動泣きも。

 

誰かが自分の頑張りを褒めてくれた時。
心から感謝の気持ちが湧いてきた時。
誰かが言った何気ない一言に。
誰かの思いやりのある行動に。

 

心が揺さぶられて泣くことが多いです。

 

ドラマや映画を観ていても、歌を聴いていても、その世界の登場人物に感情移入して泣いてしまうこともあります。

 

私たちは、赤ちゃんや幼児の頃は人前で泣くのが当たり前だったのに、大人になるにつれて人前で泣くことは良くない、恥ずかしいこという風潮の中で育ってきました。

 

もちろん、場所や雰囲気を無視してワーワー、オイオイ泣くのは好ましくないかも知れないけど、泣いてもいい場所で、泣いても受け止めてくれる人の前で泣くのは全然いいと思うんです。

 

私は自慢にもならないけど、人前でも、
「有り難いね〜。ほんとに感謝だね」
「嬉しい。泣ける!」
と言っては泣いてます。

 

泣いてスッキリした!っていう経験は誰にでもあるでしょう。
泣くことは心の浄化作用、ストレス解消に効果があると言われています。

 

悲しい時、寂しい時、辛い時、嬉しい時、感動した時…。
あなたは どんな時に泣きますか?

 

泣くことは悪いことではないんだよ。
恥ずかしいことでもないんだよ。
泣いてもいいんだよ。
女性でも男性でも。