BLOG

痛いながらもできることはあるんだと、またそれができたことで自分に満足できることを知りました。

 

交換日記メソッド(7日間)をご利用下さった方から、ご感想をいただきました!
アンケートにてHPへの掲載許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

R.I様

交換日記メソッド7日間をお試しさせていただきました。
以前、自分で痛み日記をつけていたこともあり、それに前田さんからコメントがもらえたら少し前向きになれるかも知れないと思ってお願いしました。
正直、何をしていても痛い、何もしてなくても痛いという状態なので、すべてに投げやりになっていました。

でも、前田さんのコメントの中で、「小さなできるを積み重ねる」という言葉に触発されて、痛いながらもできることはあるんだと、またそれができたことで自分に満足できることを知りました。
背中を押して下さりありがとうございました。
また利用させていただきます。

 

Rさん、ご利用&ご感想をありがとうございます!

Rさんは慢性的な疼痛が常にあり、毎日眉間にシワが寄り、苦痛で何もしたくないとのことでした。
それでも、このままじゃ嫌だ、なんとか少しでも自分を変えたいと思われて、お申込み下さいました。

Rさんも、以前本を読んでご存知だったそうですが、痛みに対して認知行動療法というのがあって、その中に日記療法というものがあります。

「痛いから何もできない」と、痛みにフォーカスすると、痛みが強化して倍増してしまうので、無理のない範囲で痛いながらもできることをやってみることで、小さな成功体験を積み重ねて 気分を上げていこうというのがこの痛みの認知行動療法です。

Rさんが、「明日は○○をやってみようと思います」と日記に書いてくれた時は、「おぉ!」と思い、「ゆっくりだけどできました!」と書いてくれた時は、「やったぁ!」と自分のことのように嬉しくなりました。

痛みのある生活は本当に辛いと思います。
痛みに顔を歪めて過ごす1日。痛いけど今日はこれができたと、小さな満足が得られた1日。
同じ1日なら、後者のほうが精神的に良い1日になりますよね。

Rさんが痛みと上手く付き合いながら、前向きな生活ができますように応援しています。

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP